住宅ローンと保険って?

住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
団体信用生命保険という保証の内容は、世帯主に命の危険があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を購入する事ができます。
住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるものです。
申し込み法は手軽にでき近場にある金融機関で可能ですし忙しい方はネットバンクなども利用してみると良いと思います。
加えて、不動産屋と協力している銀行にする方法もありますので、都合に合わせて選べます。
申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合10年間、控除を受けることができます。
その場合年末調整では受付不可なので確定申告で申告しなければいけません。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った宣伝も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。
少しでも返済額を減らしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。
全体的に、銀行から借り入れする住宅ローン減税を申し込む方法がおすすめです。
申し込む際は、家計を支えている世帯主の名前で申し込まなければいけません。
支払が生じる期間は人によっては35年もありますので銀行側も何かリスクがあった時に備えて団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。
この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合残りのローンが0円になる。
という事で、残された家族にもありがたい保険です。