トレチノインクリームでしみを消える?

しみにはいくつかの種類があり、トレチノインクリームで取れやすいものと、そうでないものがあります。
トレチノインクリームで比較的短期間に取れやすいとされるのが日光性色素斑、炎症性色素先着、そばかすなどです。
日光性色素斑とは老人性色素斑とも呼ばれ、30代以降、年齢とともに出るしみのことです。
もっともオーソドックスなしみです。
炎症性色素沈着は、傷ややけどなど、炎症の痕にできる色素沈着です。
トレチノインクリームによるしみの治療期間は通常2ヶ月間です。
前半2~6週間は漂白期間、後半2~6週間は炎症を冷ましていく期間です。
その後、肌に赤みがあるものの、しみは薄くなっていきます。
ベビー綿棒でトレチノインゲルを塗って乾かし、ハイドロキノンを塗って乾かします。
ハイドロキノン市販安いランキング!【通販おすすめは?】