白髪染めヘアダイとヘアマニキュアの違いとは?

ヘアカラーはいろんなメーカーから発売されています。
染料の種類も、液体タイプや乳液タイプ、クリームタイプ、ムースタイプ、さらには粉末タイプと、その種類はとても多いです。
それぞれの方の白髪が生えている状態によって、白髪を染めるために一番良いタイプが選べるわけですから、とても便利なことだと思います。
またそれとは別に、白髪染めのタイプとしてヘアダイとヘアマニキュアがあります。
このヘアダイとヘアマニキュア、この違いは何でしょうか。
それぞれのタイプの特徴を見ていくことで違いを比べていきたいと思います。
一つ目のヘアダイですが、染めた効果が2~3か月とかなり長持ちします。
この持続期間は、他のどの白髪染めタイプよりも染めた効果が長くなっています。
ヘアダイは、ブリーチ効果で髪の脱色を行い、その後染料を髪の内部に浸透させるため、染色効果が非常に高いのです。
そのため、明るいカラーから暗めのカラーまでかなりの種類から色を選びそめることができます。
染め上がり効果の高さや、色が長持ちすることなどから、ヘアダイを使う方はとても多いです。
ですが、ヘアダイは使用によってかぶれやかゆみを起こすことがあり、皮膚の弱い方は気をつけて使う必要があります。
使用する前には必ず皮膚のアレルギーテストを行うようにしてください。
また、染色効果が強い分、髪にもダメージを受けます。
いつもきれいな色でいたいからといって、短期間で連用すると非常に髪が傷みます。
短期間での連用は避けましょう。
一方のヘアマニキュア、こちらは染めた効果はそれほど長くなく3週間~1か月程度です。
染料のほとんどを髪の表面に付着させて染色するため、あまり長い期間の持続は期待できません。
この染色方法の場合、黒髪では発色が分かりにくく染め上がりの効果が薄く感じることもありますので、気をつけましょう。
また、染料の付着効果が高くないため、雨や運動後の汗などで色落ちすることがあり、衣服に色移りを起こすことがあります。
デメリットもいくつかありますが、比較的手軽に染めることができる事と、ヘアダイで皮膚に異常が出る方でも使うことができることなどから、人気のあるタイプとなっています。
以上のことから、ヘアダイとヘアマニキュアの大きな違いとしては、染めた後の持続期間とブリーチの有無、アレルギー検査の要否と言えます。
ライフスタイルやご自分の体調から一番合うヘアカラーを選んでください。