光インターネットのルーターとは?

今日の光インターネットのネットワークの世界において、ルーターはさまざまなポイントで使用されており、光インターネットでのルーターの役割は、理論的に分割された2つ以上のネットワーク接続を行なうために使用される機器となっているのです。
ひとつのグローバルIPアドレスで複数のコンピュータを同時に光インターネットに接続させるにはルーターの使用が必須となり、そのほかにも複数経路の中から最適な経路を選択して目的のネットワークにデータを中継させることが要求されます。
また、ルーターにはパケットフィルタリングと呼ばれるセキュリティ確保のための機能も付属していることから、不正なアクセスを未然に食い止める役目を果たしているのです。

光インターネットでのルーター導入に関しては一昔前までは企業が主体となっていましたが、インターネットの普及と共にパソコンも一家に一台からひとり一台に変わってきたため、一般家庭でもこの機器を購入する人が増えてきました。
この機器を選ぶ際は、どこに重点を置くかと言う点が重要となり、スピードを重視する場合とセキュリティを重視する場合とではスペックに違いがでてきます。
現在市販されている5000円から30000円以下の価格帯のものは、スピードとセキュリティの両方が兼ね備わったものが少ないことから、どちらかの条件を満たすものを選択する必要がありますが、一般にはセキュリティを重視する人が多いことから、ルーターにおいてはスピードは重要視しない傾向にあります。
近年のネットワークでは、ネットワーク上で公開サーバーをおくことによって、予期せぬサーバー攻撃を受ける可能性もあり、つねにネットに接続しているコンピュータは常に見知らぬ第三者によって不正侵入されたり、攻撃されたりと言ったケースが後を絶ちません。
光インターネットでルーターを導入することによってセキュリティ機能が向上し、これらの不正侵入を遮断することが可能となります。
ルーターを購入する際は、細かい設定ができる機種を購入することが望ましく、基本的な機能に関してはメーカーのサイトでの確認が必要となります。